ウォーターサーバーを利用するまでの流れ

業者を選んでサーバーを設置

おいしい水を利用する方法として、ミネラルウォーターをペットボトルで買うなどがあります。しかし運ぶのが大変だったり、冷蔵庫で冷やすなどが必要です。コーヒーを飲みたいときは沸かさなくてはいけません。簡単に冷水や温水を利用できる仕組みとしてウォーターサーバーがあります。利用するときは、多くある業者の中から一つを選択します。各業者間で互換性はないので、十分検討しなければいけません。業者を選択すれば、業者が提供するサーバーを設置してもらいます。サーバー代は、買取とレンタルがあります。レンタルでも有料の所と無料の所があります。床に設置するタイプとテーブルなどに置くタイプがあり、床に置くタイプの方が多くの水をストックできます。

水のタンクを設置して利用

ウォーターサーバーのいいところは、水道の蛇口をひねるように希望の水を利用できるところでしょう。冷水と温水が選べるタイプが多く、冷水なら夏でも10度以下の冷たい水が飲めます。温水は、コーヒーやお茶を淹れられる温度の水を利用できます。契約をすると、業者から定期的に水のタンクが宅配されます。タンクの設置は、基本的には利用者が自分で行います。リターナブルタイプは、利用後に業者が回収しに来るのでそのまま置いておきます。使い捨ては、小さくつぶして自分で捨てます。サーバーの上に設置するタイプもあれば、下に設置するタイプもあります。力が弱い人は小さめのタンクを使えるタイプがいいでしょう。大きなタンクなら、取り付け頻度が減ります。

水のサーバーは買い物に行くのが大変な主婦にオススメです。災害時に子供が困らないよう、水を必ず常備しておくと良いでしょう。

© Copyright Natural Life. All Rights Reserved.